税務会計3分セミナー

中小企業に特化した 社長のための会計参謀

その他

40歳になったら注意すべきこと

 こんにちは。千葉県鎌ケ谷市の税理士池田光智です。
 私事ですが、本日で40歳となりました。税理士としては若手の部類にはいると思いますが、世間一般的には、会社の管理職についたり、家庭では子供の養育や親の介護など責任の重い世代になってくるのではないかと思います。
 本日は税務とは少し離れますが、節目の年でありますので、人生の折り返し40歳の注意点についてまとめました。

 

1.介護保険料

 満40歳になった月から、給与から天引きされる控除項目に介護保険料が加わり、手取額が減ります。

①制度の概要

 介護保険制度は、介護が必要な高齢者を社会全体で支える仕組みです。公費(税金)や高齢者の介護保険料のほか、40歳から64歳までの健康保険の加入者(介護保険第2号被保険者)の介護保険料(労使折半)等により支えられています。

②保険料は40歳から

 40歳から64歳までの健康保険の加入者は、健康保険料と一緒に介護保険料を納めます。満40歳に達したときとは、40歳の誕生日の前日のことであり、その日が属する月から介護保険の第2号被保険者となり、介護保険料が徴収されます。また、65歳以降は介護保険の第1号被保険者となり、お住まいの市区町村より介護保険料が徴収されることとなります。

③保険料率は1.65%

 平成29年3月分以降の協会けんぽの保険料率は 1.65%です。
 ※健康保険組合によって料率は異なります。

④利用者負担は1割

 介護保険を利用し、介護サービスを受けたときの費用は、まず、利用者本人が1割を負担します。残りの9割のうち半分を被保険者の保険料で、残りの半分を国、県、市で負担します。
 ただし、一定以上所得のある方が介護サービスを利用したときは2割負担になります。(※平成30年8月から2割負担の人のうち特に所得の高い人の負担割合が3割となります。)

 

2,付加健診・乳がん検診・特定検診

 40歳になると健診の項目が増えます。それだけ健康リスクが増加する節目の年ということです。定期検診はきちんと受診し、体調管理に気を付けましょう。

①付加検診

 40歳になる年には一般健診に加えてさらに検査項目を増やし、病気の早期発見や生活習慣改善などの健康管理に活かす付加健診を受診できます。

②乳がん検診

 一般健診を受診する40歳以上の偶数年齢の女性で受診を希望する方は、問診・乳房エックス線検査(マンモグラフィー)による乳がん検査を受診することが可能です。

③特定検診

 40歳になる年から特定検診を受診することが可能です。特定健診は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目して、これらの病気のリスクの有無を検査し、生活習慣をより望ましいものに変えていくための保健指導を目的としたものです。

 

3.厄年

 今年40歳になる男性の方は前厄の年となります。中小企業の場合は社長の身体が一番大事ですので、体調管理には今まで以上にお気遣いください。
 体調管理で私のお勧めはヨガです。一時期体調を崩す時期がありましたが、ヨガを始めてから風邪もひきにくくなりました。(個人的感想です)
 また、私事ですが今年は正月早々成田山新勝寺の厄払いに行きました。厄年といわれる人生の節目こそ自己を正しく顧みて努力精進することが大切とのことです。

4.40歳からの注意事項

①住宅ローン

 例えば、住宅ローンをフラット35で組むと完済年が75歳になります。その頃の定年は伸びているとは思いますが、老後資金なども勘案して住宅購入を検討しないと、老後破綻のリスクを抱えることになります。

②老後資金の積立

 40代は、まだまだ子育てや教育に費用がかかる上、住宅ローン返済など出費もかさみ、貯蓄が難しい世代でもあります。
 一方で平均寿命は年々伸びており、引退後の生活資金も気になってくる頃ではないでしょうか。
 少子化で年金受給額が減る中、自己防衛のためにはある程度計画的な人生設計が必要です。
 中小企業の社長には、小規模企業共済という退職金を積み立てながら節税できる商品があります。
 また、確定拠出年金が拡充され、今年からサラリーマンや主婦の方も広く利用できるようになりました。
 一度ライフプランを見直してみるのにいい年ではないでしょうか。

 

編集後記

 様々なダイエットに挑戦しながらも身体は順調に成長をしつづけ、ついにメタボ健診が迫っています。
 40歳にして惑いながらも、税理士として顧客の満足を第一に、ますます精進してまいりたいと思います。
 

この記事のキーワード

会計・経営のお困りごと
お気軽にご相談ください

初回無料相談実施中

ホームページからも24時間ご予約受付中 空き状況検索ホームページからも24時間ご予約受付中 空き状況検索

電話・FAX

お問合せフォーム

中小企業に特化した 社長のための会計参謀が
じっくりとお話を伺います